演技講師の武田です。

takedadesu.exblog.jp

新宿アクティビズムスタジオ(http://www.sas-actors.com)で講師主任(演技・上演稽古担当)を務める武田直樹の俳優養成の現場レポート
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
プロフィール
67年生、名古屋市出身、明治大学文学部演劇学専攻卒。WAHAHA本舗、音楽座を経て、95年よりフリーランスに。これまでに、劇団飛行船脚本コンクール最優秀賞をはじめ、日本演劇興行協会、地方自治体、わらび座が主催の脚本コンクールでの入賞の他、小説・シナリオ・エッセイで多数受賞。主な作品に、超ミュージカル版ケロロ軍曹「コチョコチョ大作戦であります!」(全国)脚本・作詞・演出、ちびまる子ちゃんミュージカル「まる子のシンデレラみゅーじかるの巻」脚本・作詞・演出(全国、上海、北京、広州、蘇州、武漢、深圳、台湾、香港、マカオ)、上海万博公演デジタルサイネージミュージカル「ココロのまほう」作・演出・作詞(上海)、スペイン・サラゴサ万博公演ミュージカル「Mañana」作・作詞・演出(サラゴサ、名古屋)、愛・地球博閉幕一周年記念事業モリゾー&キッコロミュージカル「あした♪今夜の「夢」を未来に♪」作・作詞・演出、劇団飛行船創立30周年記念作品「アラジンと魔法のランプ」脚本・作詞(全国、バンコク、上海、北京、韓国、台湾)、なかのエンジョイ♪えんた~て~めんと「竜宮城と鬼ケ島と舞踏会」「天使のシケン」「アラジンと魔術師たち」「かぐやのふるさと」「なかのサイド物語」作・演出、 ブロードバンドシアター「ROOFTOP」脚本、踊るヤクザシリーズ(9作品)脚本、法廷劇「裁判員の評決」作、♪おはなしCD♪「MOTHERs」シナリオ・演出、ラジオドラマ「ミッドナイトDJ」シナリオ、携帯電話ゲーム「おでかけBaby」シナリオ、落語「戦国パチンコ」創作など。創作活動に並行して企業メセナ協議会スタッフを4年間務め「メセナ白書」の調査・編纂に携わる。著書に「お値うち!ぜーたく地球旅」(三一書房)がある。
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

遊び心が弱い

おはようございます。
武田です。

  ☆

2013年の冬期講習の1回目。
今年度の実技クラス生と
来年度の基礎クラス生を対象に
「キャッチボールと舞台演技」をテーマにおこなった。

自己紹介をさせたあと、
インプロに挑戦。

今年の実技クラス生は真面目だが、
即興に弱い。
余裕も対処力もなくてボロボロだった。

その後、アドリブ色の強い舞台演技の1シーンに挑戦した。
自分たちで芝居が創れない。
回を重ねるに連れてよくなっていったが、
遊び心が弱い。

3月の修業公演は生き生きと伸び伸びと演じさせたい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-20 09:48

実践クラスの劇場公演

おはようございます。
武田です。

  ☆

今年最後の実践クラスの演技レッスン。
例年なら3月に上演するアトリエ公演の台本を配布するのだが、
今年は違う。
3月9日に相鉄本多劇場で上演する
「ホームグランド2014」の台本を配布した。

8名の実践クラスのレッスン生たちが
60分足らずの短編作品、
実技クラスが13名で上演する「ホームステージ」の凝縮版をお届けする。

台本を配布して本読み。
冬休みの宿題を与えた。

「ホームグランド」と「ホームステージ」、
実践クラスと実技クラス、
互いに善き刺激を与えあって、
個々のレベルアップと
ひとりでも多くの方に喜んでいただける作品創りに努めたい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-16 09:52

フレーム越しに届けるために

おはようございます。
武田です。

  ☆

実践クラスの今年の通常演技レッスン。
テーマは、
「フレームとDEEP&KEEP」。
人気ドラマのクライマックスシーンに撮影した。

今年度の実践クラスに強化してきたフレームの中の演技。
意識すれば絵は創れるようになってきた。

だが、
DEEP
キャラクターへのなりきり、
KEEP
キャラクターでい続けることが甘いと、
届いてくれるものは温い。

共演者をキャラクターとしていっぱい感じて、
キャラクターの感情で動ける、
言葉をぶつけられる俳優になってほしい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-09 09:23

「ホームステージ2014」始動

おはようございます。
武田です。

  ☆

今回より修業公演「ホームステージ2014」の稽古開始。
今年度ほど
稽古開始日までにいろいろあった年はない。
それでも、台本を配布し、本読み、
担当決めやスケジュールの配布して、
ポストカードの写真撮影を終えた。

例年ダブルキャストの修業公演だが、
今年はオールシングルキャストで4公演上演する。

冬休みの課題は与えた。

13名の実技クラス生たちともに最善を尽くしていきたい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-08 08:00

ラブシーンの強い俳優に

おはようございます。
武田です。

  ☆

今回の実践クラスの演技レッスンのテーマは、
「ラブシーン」の2回目。
エンターテイメント色の強い人気映画を題材に、
3シーンを連続撮影した。

言葉と感情が直結している告白があれば
言葉と感情が裏腹の告白もある。

関係性とキャラクターと愛情がしっかりしてないと、
何も伝わってこない。

セリフや段取りに振りまわされることなく
キャラクターとして共演者のキャラクターとの
感情のキャッチボールをやりきるためには、
共演者のセリフや行動をどれだけ感じられるかが重要となる。

感受力を極めて
ラブシーンに強い俳優になってほしい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-02 10:03

ねらいとキャラクター

おはようございます。
武田です。

  ☆

実技クラスの通常カリキュラムでの
最終演技レッスンのテーマは「ねらいとキャラクター」。
視聴者にとって悪役となる
キャラクター創りと実現に挑んだ。

ねらいを実現するためには
客観的にキャラクターを創り、
しっかりとなりきらなければならない。

最初は客観的にキャラクターが創れない者が多かった。
2順目で多くの者がキャラクターをつかんだが、
それでもしっかりとやりきれた者は少なかった。

求められているキャラクターを理解し、
やりきれるように努めてほしい。

通常レッスンは今回で終了。
次回からは修業公演の稽古に入る。
より良い作品がお届けできるよう皆で努めていこう!
[PR]
# by takedadesu | 2013-12-01 08:02

「ラブシーン」に挑戦

おはようございます。
武田です。

  ☆

今回の実践クラスの演技レッスンのテーマは、
「ラブシーン」
人気映画を題材に、
2シーンを撮影した。

甘い言葉に説得力を持たせるだけの
関係性とキャラクターと愛情がないと、
視ている方が恥ずかしくなってしまう。

男優陣の演技は女優陣に、
女優陣の演技は男優陣に感想を言わせた。
「ラブシーン」は
異性に魅力のあるように演じないければならない。

セリフや段取りに振りまわされることなく
キャラクターとして共演者のキャラクターと
感情のキャッチボールをやりきれるように
ならなくてはならない。
[PR]
# by takedadesu | 2013-11-25 09:29

緊張感を届ける

おはようございます。
武田です。

  ☆

実技クラスの演技レッスン。
テーマは「緊張感を届ける」。
サスペンスドラマの1シーンに挑戦した。

緊張感をしっかりと届けるためには、
上辺の絵や音だけでは弱い。
張りつめた空気感を届けていかなくてはならない。
そのためには、
キャラクター間の関係性を創り、
感情と行動と言葉のキャッチボールを
しっかりとやりきらなければならない。

芝居は共同作業である。
ねらい実現のために
しっかりとキャッチボールをやりきる
想像力と集中力とコミュニケーション力の向上に努めて欲しい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-11-17 07:54

体験で成長

おはようございます。
武田です。

  ☆

今回の実践クラスの演技レッスンのテーマは、
「モノローグ」と「カット割り」、
人気映画を題材にした。

前回のレッスンとは別カットを
映画とできるだけ同じように撮影して、
モニターチェック。
そのときにモノローグセリフを重ねてみた。

前回の体験を踏まえて
よくなった者が多くて
安堵した。

次にカット割りに挑戦した。
これも映画と出来るだけ同じように撮影した。

カット割り撮影をはじめて体験するものが多く、
最初は苦戦していた者が多かったが、
一度体験したことで
2回目はほとんどの者たちがよくなった。

体験を重ねることで成長している。
より良い体験ができるよう環境を作っていきたい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-11-11 11:16

ねらいの客観視と共演者

おはようございます。
武田です。

  ☆

実技クラスの演技レッスン。
テーマは「泣かせる」の2回目。

ドラマの1シーンとして
視ている人を泣かせる演技に挑戦した。

泣きには大きく分けて2種類ある。
「かわいそう」で泣く切ない涙と、
「よかったね」で泣く報われる涙である。

今回は「よかったね」で泣かせる感激の涙。

みんな、がんばってトライした。
しかし、ねらいがズレていた。
どうしても主観的にねらいを立てすぎてしまう。
客観性が弱い。

しかし、実践、撮影、モニターチェックを繰り返す中で、
よくなってきた。

ねらいを共演者とともに客観的に立て
共演者とともに主観的に実現できる俳優を目指してほしい。
[PR]
# by takedadesu | 2013-11-10 07:52